医師以外の病院の仕事は何がある?

病院の仕事の代表的な仕事といえば医師と看護師です。
しかし、病院での仕事はそれだけではなく、実は沢山の職業や業種の人が働いています。
では、他にどのような仕事があるのでしょうか。
医師と看護師の他の医療従事者は助産師、薬剤師、などが広く知られています。
他にも国家資格がいるものだと作業療法士や臨床検査技師、放射線技師、救急救命士などの職業が挙げられます。
これらの職業の人は特殊なケースの場合にしか接することがないので知らない人もいますが、病院での重要な役割を担っています。
ただ、病院の仕事は医療資格がいる仕事だけではありません。
例えば病院食に関係する仕事だけでもメニューを考える管理栄養士や実際にそれを作る調理師、また調理補助をする人など多岐にわたる仕事があります。
看護師の仕事を手伝ったり患者の対応や身の回りの世話を行ったりする看護助手も、実は国家資格がなくても働くことができます。
看護助手は資格こそありませんが働きながら医療の知識が身に付くので、働いているうちに看護師を目指していく人もいます。
また、大きい病院だと病院内だけではなく入口の警備や設備の管理、病院に必要な医療器具などの物資を運ぶドライバーも病院に関係する仕事としてあります。
病院では受け付けから始まって医療事務や売店の販売員、清掃や医療ソーシャルワーカーなど医療行為をしていなくても多くの人が携わっています。
色々な業種や職種の人が集まって働いていて病院経営は成り立っているといえます。
病院での仕事に興味があるのならこのサイトも参考になるでしょう→《病院で働きたい!